アーカイブ

  1. >
  2. >
  3. シリコンバレーで成長する企業の特徴

シリコンバレーで成長する企業の特徴

シリコンバレー

世界一の最先端企業密集地といえば、アメリカのシリコンバレーです。
シリコンバレーとはアメリカ合衆国カリフォルニア州にあるベイエリア南部地域のことですが、
かつてシリコンを主原料とするIC(集積回路)を取り扱う企業やその関連業務を行う企業が数多く作られたことから、
地域名として定着しました。

有名企業としては、大手パソコンメーカーのヒューレット・パッカードや、
インテル(Intel)、Xeroxのパロ・アルト研究所、オラクル(Oracle)などがあり、
他にも米Yahooなど数えればきりがないほどの有名企業密集地となっています。

IT系サービスは今も留まることなく進展を続けているので、
こうしている間にもシリコンバレーでは明日の世界的企業となる新しい会社が次々立ち上げられています。

企業の2パターン

そんなシリコンバレーにおいても、創業して間もない期間に急激に業績を伸ばしていく企業と、
反対に滑り出しこそよくても次第に衰えていってしまう短命企業とがいます。
アメリカと日本とでは一般市民の文化だけでなく企業文化もだいぶちがうものですが、
アメリカンスタイルにおいてはどのような企業が大きく伸びていくかということを知っておくことは、
決して無駄ではないでしょう。

シリコンバレー発のIT系企業の特徴は、
非常に自由な社風とクリエイティビティを第一に優先させるという雰囲気です。

Googleが流行らせたと言ってもよいほどですが、
シリコンバレーにあるIT系企業においては制服など服装規定やドレスコードが全くないということは当然として、
フレキシブルな勤務体系や仕事中のリラクゼーションなど、
とても日本の企業文化では考えられないような雰囲気の中で仕事をしています。

シリコンバレーで急成長している企業の特徴をみていくと、
一見自由すぎるな社風のように見えつつも、きちんと方向性を保っていることがわかります。

アメリカにおいて成長する企業となるために最も重要なことは
「企業文化」というものをいかにして早く確立することができるかであると言われています。

企業文化とは言ってみればその企業がどのような方針で
どのようなカルチャーを創造していきたいかということです。

ヘッドハンティングも当然のように行われるシリコンバレーでは、
優秀な人材を多く獲得するとともにそれらの人材を適切に配置して
才能を引き出すしくみを整えなくてはいけません。

シリコンバレーでは企業の成長の条件は、
いかにしてその人の持つ創造性を引き出すかというその一点にかかっているようです。