アーカイブ

  1. >
  2. >
  3. 就職・転職で成功するための知識

就職・転職で成功するための知識

転職に厳しい状況

相変わらず就職・転職には厳しい状況が続いています。
笑い話のようですが、このまま今の会社に居続けてもおそらく
遠くない将来潰れてしまうだろうと思って転職をしてみたところ、
転職先の企業が入社後数ヶ月で倒産になってしまったという人もいるほどです。

転職をする時などは特に、現在の就業環境に何らかの不満を持っていることと思いますが、
それは裏返せば「もっと自分の能力を生かせる職場で働きたい」
「企業とともに自分も成長していきたい」という積極的な動機の裏返しとも言えます。

ですが、そんな志の高さにもかかわらず残念なことに転職をしてみたら
以前よりも環境的に悪かったという例も見られているのが実情です。

転職や就職で失敗をする原因となっているのは、
ズバリ「転職・就職先の企業について十分に情報収集をすることができなかった」
ということに尽きます。

もちろん、企業秘密に関わることまで全てがオープンにされていることはないので、
転職・就職の前にその企業の全貌をすべての人が知るということはできません。

ですが一般的に公開されている情報から、ある程度の傾向をつかむことができれば、
その企業が実際どのような状況におかれ、今後どのようになっていくだろうかが予想することができるでしょう。

大切なこと

大切なのは、その少ない情報の中からどれほど
的確に実際の企業実態をうかがい知ることができるかどうかです。

転職や就職活動をしてみて、例えばこんな経験はないでしょうか。

・いつ見ても同じ内容の求人票が出続けている企業がある
・書類選考の時間が異常に短く、面接もほとんどなしで採用通知が来た
・会社見学を申し込んだが断られ、面接も休日をかなり強く指定された
・人事担当者はとても人が良さそうだったのに、経営者はまるで礼儀のない人だった

断言をしてもよいですが、これらの特徴がある企業は残念ながらいわゆる
「ブラック企業」と呼ばれる場合である可能性が非常に高くなります。

現在成長をしており、これからも伸びていくことが期待されている企業というのは、
よい人材も自然と集まりやすく、雰囲気が非常によい場合が多くなっています。

反対に景気がよくなく将来に不安がある企業というのは、
全体的に雰囲気が悪くなりがちで、殺伐とした雰囲気を醸しだしています。

企業の実態は数字や社屋の内装だけに表れるものではありません。
にじみ出る雰囲気やちょっとした手続きの中にも、十分そのヒントは潜んでいるのです。
見逃さずにキャッチをしてください。

例えば、待機児童問題が各自治体で取り上げられています。夫婦共働きを余儀なく
される世代にとって、また少子化を少しでも緩和させるためには女性にとっても
働きやすい環境が求められます。

そんな中この待機児童の減少をさせるために各自治体では保育園、幼稚園の増設を急ピッチで進めています。

そうなると必然的に保育士や幼稚園教諭のニーズが高まります。

女性が働きやすい環境作り
そして女性が働きやすい職場としての役割を果たしてくれるでしょう。

<参考>
保育士の求人情報→ 【保育士求人ナビ】