アーカイブ

  1. >
  2. >
  3. 面接で見ぬく企業の内部

面接で見ぬく企業の内部

企業を見抜くのも大切

これから転職をするときには、その企業の将来性や給与面、
自分のキャリアをどう生かしていけるかということが気になることでしょう。
新たに転職をするなら、もちろん成長企業に勤めたいと考えるのは当然です。

ですが、求人情報を見るとどの企業も自社のよいところばかりをアピールしてくるものなので、
本当に自分がそこに入社をして実力を活かすことができるかどうかということをしっかりと見極めることができません。

そこで、迷っている方におすすめなのがとにかく一度面接を受けてみるということです。
面接を受けるためには直接すぐにその企業に行くわけではなく、
その前に書類選考や面接のための段取り連絡をしなくてはいけません。

学生時代の就活などではついつい希望企業が多すぎるために、
どの企業とどんなやり取りをしたかということをいちいち覚えずに面接にのぞむことになりがちです。

ですができるだけこれから就職活動を行う企業については、
どんな担当者とどんな話をしてどういう印象を持ったかということをしっかりメモしておいた方がよいでしょう。

見極めのチャンス

面接など打ち合わせの前に、会社説明会などで事前に
その企業の担当者などと会話をする機会が持たれることもあります。

また、ボランティア活動や課外のサークル活動などで
特定の企業で働く一人~数人と偶然に出会うようなこともあるでしょう。

ですが、そのような実際の就職活動と直接関係のない場所で
出会った企業の印象についてはそれほど参考にしない方がよいこともあります。

というのは、それらの人は企業活動の一環として組織の一部として仕事をしているわけではなく、
ご本人の魅力によって活動をされているからです。

良い企業には良い人材が集まりやすいということは確かですが、
良い人材が少しいるからといってその企業が必ずしもよい企業であるということにはなりません。

あくまでも、出会った少人数に対してうけた印象だけでなく、
企業全体の活動内容が自分にとってよいものであるかどうかで判断をするようにしましょう。

面接のときに気をつけたいのが、
まず面接の日取りを取るときの電話対応、それと面接時の担当者の態度です。

特に電話をかけた時に最初にとってくれた人の印象はかなり大きな意味を持ちます。

面接時もできれば平日の他の社員さんが勤務している時間帯を選ぶようにして、
働いているときの雰囲気をつかめるようにしてください。
細く観察をすると、企業内の空気や働く人の気持ちが薄く見えてきます。