アーカイブ

  1. >
  2. >
  3. 会社を辞める時期の見極め方

会社を辞める時期の見極め方

退職のタイミング

転職したいなと思ったからといって、
その翌日にはもう退職願を出しているという人はあまりいませんよね。

ほとんどの人は、何らかの事件や状況が起きた時に最初に「辞めようかな」
と漠然と考え、気持ちが固まって準備を整えてから具体的な退職手続きをしていきます。

いくら最近では退職や転職が当たり前になってきているとはいえ、
退職に関わる手続きをするために費やさなくてはいけないエネルギーの量が大きいことにはかわりがありません。

そんな面倒な退職や転職の手続きを何度もしなくてもよいように、
転職は適切な時期に適切な方法でできるようにしておくことが大切です。

転職を考えた時、まずしっかりと考えておきたいのが「今が本当に辞めるべき時期か」ということです。

例えば大企業などでは定期的に配置転換などが行われているので、
もしかしたらある程度時期をおくというだけでも、自然に問題が解決してくれるという可能性もあります。

配置転換や転勤などのない中小企業や、エリア限定の社員の場合であっても、
自分が辞めたいと思っている原因は何かちょっとしたきっかけでなくなってくれることもあります。

もし辞めたいと思う原因が人間関係の不満であったり、
昇給や昇進に対しての不満であるような場合には、
ワンテンポおいてじっくり時期を見定めるようにすることが大切です。

まずは頭の切り替えを

転職を希望する理由が、人間関係などだけでなく会社そのものの体質であったり、
または自分の将来性を考えてのことである場合には、
まずは実務的に考えて次の転職を有利にするための方法に頭を切り替えてみましょう。

いずれは辞めることを決めているにしても、現在取り掛かっているプロジェクトが途中であったり、
しばらくしたらなんらかの肩書きがつく可能性があるという場合には、
現状に不満はあるにせよぐっと我慢をしてみるというのもひとつの方法です。

転職による中途採用の場合には、
人間性の他にそれまでの実績や経験がそのまま待遇面に反映されることもよくあるので、
できるだけ次回に持ち越せるものを持っていくということを選んだ方が得策です。

また、退職の時期も自分から辞めるのではなく、
スカウトやヘッドハンティングを受けてから、
退職時期を逆算した方がよいという場合もあります。

退職をするときには、できるだけ冷静になり、
将来の自分のためにどのような方法をとるのがよいかをしっかり考えて行動するようにしましょう。

将来の投資と思って我慢をすることは、それ自体とても大きな財産となる経験です。